_SILENT-STORIES-OF-LAND-©-Artistic-Team-LAAVU.

展示

企画展:北の国の作家によるグループ展
「静かな土地の言葉」


■アーティスト
Artistic Team LAAVU
(千葉奈穂子 Naoko Chiba、アンティ・ユロネン Antti Ylönen、カイサ・ケラター Kaisa Kerätär)
https://artbreak.fi/laavu-team/

共同チーム「Artistic Team LAAVU」は、2015年以降、地域研究を基に、場所に応じた視覚芸術のプロジェクトを行っている。チームのメンバーは、写真家の千葉奈穂子(日本)、研究者・作家・キュレーターのカイサ・ケラター(フィンランド)、彫刻家・写真家のアンティ・ユロネン(フィンランド)。2015年、福島での同じ展覧会とアーティスト・イン・レジデンスのプログラムに参加したあと共同活動を始めた。北部コミュニティの伝統的な生活様式や文化、アイデンティティとともに、北部地域の伝統的な生活に及ぼす近代化の影響に、深い関心を持ち、共有している。過去の生活、記憶、失われた光景を探求することにより、ほとんど見えない小さな細部を引き出したいと考える。新しい問いを明確にし、複雑なシステムの代替的な理解をもたらすための最良の方法として、写真、インスタレーション、科学的および文学的な研究等の手段を用い組み合わせて表現する。

The collaborative “Artistic Team LAAVU” has been conducting research-based and place-responsive visual art projects since 2015. Members of the team are photographer Naoko Chiba (Japan), researcher-writer-curator Kaisa Kerätär (Finland) and sculptor-photographer Antti Ylönen (Finland).
We started cooperation after joining the same exhibition and artist residency program in Fukushima 2015. We share the deep interest in traditional livelihoods, culture and identity of northern communities and also the influence of modernization on the northern traditional lifestyle. By exploring past lives, memories, and lost scenes, we want to bring out small, almost invisible details.
The best way for us to articulate new questions and generate alternative understandings of complex systems is by using and combining mediums like photography, installations, scientific and literary research.

メンバーのウエブサイト

千葉奈穂子 Naoko Chiba: https://www.facebook.com/naoko.chiba.528
アンティ・ユロネン Antti Ylönen: http://anttiylonen.fi/
カイサ・ケラター Kaisa Kerätär: https://artbreak.fi/

■会場
遊工房アートスペース 1号館

遊工房アートスペース
1989年より海外アーティストの受入開始。2001年さらに活動を充実させるため、主として現代美術の発信を目的とするギャラリー、創作スタジオ及び滞在施設を備えたアートの複合施設として、アーティスト・イン・レジデンスを本格化。グローバルなアーティストとの交流や、地域に根ざした芸術活動を展開。