展覧会

「アーティストの置き土産 vol.1」
“Souvenir from the residency Artists in Youkobo” Vol.1


遊工房に滞在したアーティスト達のプレゼント作品を中心に展示し、この30数年間に滞在制作をした360人余りのアーティスト達が、アートを通して残してくれたもの、人との繋がり、生き方、考え方、気付き等々を想い紡いでいきます。会期中の展示は日々変化していきます。
なお、12月には「アーティストの置き土産 vol.2」として開催。vol.1の展示を基に、遊工房で展示・発表をした在京アーティスト達が残した作品の展示に加え、在京、滞在アーティスト相互のアートを通した交流や繋がりを考え、レジデンス・プログラムの価値を究めます。

To show the works which gave us as gifts from the residency artists in Youkobo, more than 360 artists since the past 30 years. We would like to spin what the artists who stayed have left behind through art, connections with local artists and peoples, ways of life, ways of thinking, awareness, etc., and we will spin them.
Continuous exhibition in December, Based on the exhibition of vol.1, we add the works of local artists who exhibited at Youkobo during the times. We will explore the value of the residence program by considering exchanges and connections between the residency artists and local artists through art and life as the artists.
The exhibition will change day by day during the exhibition period for both vol.1 and 2.

■日 程 11.3(水・祝)~23(火・祝)13:00~18:00
■会 場 遊工房アートスペース
■入場料 無料
■休廊日 月・火休廊、最終日23(火・祝)は開廊

「Artistic Team LAAVU」による企画展:北の国の作家によるグループ展「静かな土地の言葉」は、新型コロナウイルスの感染状況がいまだ終息していないことから中止となりました。

The group exhibition “Silent Stories of Land” by Artistic Team “LAAVU” has been canceled because the infection situation of the new coronavirus has not ended yet.

遊工房アートスペース
1989年より海外アーティストの受入開始。2001年さらに活動を充実させるため、主として現代美術の発信を目的とするギャラリー、創作スタジオ及び滞在施設を備えたアートの複合施設として、アーティスト・イン・レジデンスを本格化。グローバルなアーティストとの交流や、地域に根ざした芸術活動を展開。