インスタレーション
「Listening」

■素材:映像 音響設備

少子高齢化が進んでいるため、衰退した地域の活性化は今の日本社会において、避けられない問題になっている。
一方、海の向こうの中国では、経済の急速な成長と一人っ子政策の緩和により、新生児の数を大幅に増やしている。このような状況で、中国の小学校の数もますます増えていくと予想される。
この二つの国の現状をもとにして、今回の作品では、誰もいない日本の小学校の教室の監視映像と、増加する中国の小学校の教室で交わされる生徒たちの囁きを組み合わせたインスタレーションを行なう。
同じ時間に、異(こと)なる空間で起こる異文化の衝突と融合を作品で語りながら、地域の再生を祈りたいと思う。

◆日時 11.3(日・祝)~23(土・祝) 9:00~17:00
◆会場 善福寺公園サービスセンターギャラリー
◆料金 無料

■プロフィール Profile
鄭 朝暉 /Chaohui Zheng
1996年中国生まれ。横浜美術大学イラストレーションコース在学。
2019年に三人展『DE-POSIT(I)ON』。東京インテイベンテント
2019に出品。イラスト、インスタレーションを作っている。今は
今は、卒業制作を頑張っています。

唐 貫虹 /Kankou Tong
1995 年中国生まれ。多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻在学。 2019 年に三人展「DE-POSIT(I)ON」、個展「不在」。東京インディペンデント 2019 に出品。絵画、インスタレーション、パフォマンス、 パブリックアートなど、多岐にわたり活動。最近はリアリティの無い事物の存在を問い直しつつ、制作を行なっている。