彫刻

「むれをなすサカナ」
School of fish


素材:鉄  Materials: Iron

――川の流れに逆らって複数のサカナが同じ方へおよぐ。
世界のすべてのものを人はそれぞれの特徴でわけてきました。でもその分類は人間が都合で作っただけ。それを知ってもそのものを理解してるわけではないのです。
あなたはこの作品を何だと、どう思いますか?

A multitude of fish swim in the same direction against the flow of the river. People have divided everything in the world according to their respective characteristics. But these classifications are only for human convenience. Knowledge of such classifications does not equate to understanding them. What do you think of this work, and what do you think it represents?

■プロフィール
東京都杉並区生まれ
2018年女子美術大学大学院卒業
植物などをモチーフにした作品を制作。主に鉄の丸棒を使い、空間に線を引き、絵を描くように立体を造形している。

Instagram takkie26