インスタレーション Site-specific Installation

「いつかここで」
Someday we’ll be here

素材:テント、プラスチックミラー、ブラックアウト用布
Materials:Tent, plastic mirror, black-out cloth

公園で社会的な距離を持ちたいと思いませんか?
公園で自然の景色を眺めていると、邪魔されるのが嫌になりませんか?
ゆったりとした時間を楽しんでいるのをじろじろ見られたくはないですよね?

この作品は、公園にいながらにして自分だけの「プライベートな時間」を楽しむことができる、まったく新しい体験です。
公園の絶景スポットに、鏡で覆われたテントを設置する流動的なプロジェクト。リアルタイムの公園の景色がテントに映し出され、テントの中に入ってきた人だけが、他の人に見られることなく楽しむことができます。

Want to have social distance in a park?
Sick of being disturbed when appreciating natural view in a park?
Do not want to be watched in your own relaxing time?

“Someday we’ll be here” is a whole new experience for you to enjoy your own “private time” while being in a public park!
It is a fluid project dedicate in park, a tent covered with mirror and set up in a prefect park view spot.
A real-time park view will be reflected into the tent and only the visitors who came into the tent can enjoy it without being watched by others!

■プロフィール Profile

1992年香港生まれ。動画とインスタレーションを中心に、コミュニケーションの方法を通じて、また人間と都市空間とのつながりの中で、孤立、記憶、破壊のテーマを探索。

Sonia Cheung Yee Kwan (b.1992, Hong Kong). Cheung uses moving images and installation to explore themes of isolation, memory, and the destruction through methods of communication and in the nexus between humans and city space.

https://www.cheungyeekwan.com