インスタレーション/installation

「柱への変転」
Transition to pillars

素材: 石灰、砂、土、顔料、セメント、苆、漆、麻布、鉄
Materials: lime, sand, soil, pigment, cement, fibers, lacquer, linen, iron

構造を晒しながらも、いびつに立つ。

いずれかの建物の一部であったかのように、
これから何かになろうとしているかのように、

空間にしるしをつけながら
装飾が立ちあがっていく。

それは つまり、
あるいはもしかしたら、
一種の遠見となるかもしれない。

It stands with the structural distorted.
It seems like it was one of the buildings, or it would be something.
It is marking in the space; decorations are appearing .
Maybe or possibly, it will be some kind of distant view.

■プロフィール
東京生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科 修士課程 絵画専攻油画(壁画)修了 。石灰や砂、顔料などを用いてフレスコによるインスタレーションを発表。芸術はどこからきたのか、どうして私たちはものをつくるのか、考えるように制作している。
web site: https://mitsuishiharuka.myportfolio.com

Born in Tokyo. Graduated from Tokyo University of the Arts M.A. My main technique is Fresco. I always think about where art came from, and why we’ve been creating things.
web site: https://mitsuishiharuka.myportfolio.com