kinetic light objects
「silent spectacle」

■素材:キネティック・ライト

動きは、それが単調であれ混沌であれ、本質的に私たちの世界に関連している。
光とその反射によって動く物体がアナログスクリーン上に投影され、主観的な観客と構築された現実との間の詩的な膜となっていくのだ。
「あらわれるものは良きものであり、良いものはあらわれる。by ギー・ドゥボール

Movement, may it be monotone or chaotic, is inherently linked to our world. Through light and its reflection motorized objects trigger a projection on analog screens that then become poetic membranes between the subjective spectator and the constructed reality.
“What appears is good; what is good appears.“ Guy Debord

作家の作品紹介をご覧いただけます。
https://youtu.be/MpWEAXUOZGI

◆日時 11.3(日・祝)~23(土・祝) 12:00~18:00
◆会場 葉月ホールハウス
◆料金 無料
◆休廊日 11.5(火)・1(1 月)・18(月)

■プロフィール Profile
2016 Diploma of fine arts, Academy of Arts Nuremberg
2015 Meisterschuelerin
2003 Master of Arts in art history and art education, University of Augsburg
1970* Germany

www.martinakaendler.de
https://www.instagram.com/martinakaendler/
(C) Martina Kaendler