インスタレーション Installation, sculpture,

「文を編む」
Weaved Ornament


素材:陶、真鍮
Materials:Ceramic, brass

都内の公園に縄文土器の文様から触発された、遺跡のような美しい空間を作る。
モチーフは縄文土器の文様である。縄文土器の文様の一部は、縄文という名前通り縄目を押し付けて作られている。その不在の糸を再び立ち上がらせ、フィボナッチや黄金比による螺旋を重ねた文様へ再構成させる。

Taking inspiration from the patterns of Jomon pottery found in parks in Tokyo, I will create a beautiful space resembling historical remains. The motifs are the patterns of Jomon pottery. As the term “Jomon” (meaning “straw rope pattern”) suggests, some of these patterns were made by pressing rope knots into the clay. The absent rope will be raised once again, reconstructed into a layered spiral pattern based on the Fibonacci sequence and the golden ratio.

■アーティストデイの公園滞在
11月3日 14時~16時
11月23日 14時~16時

■アーティスト・インタビュー


■プロフィール Profile 

1987年生。さいたま市在住。現在、東京芸術大学大学院美術研究科博士後期(博士)課程先端藝術表現専攻に在籍。
陶や金属などを素材に、自然や人工の中に共通するパターンをテーマに制作をしています。
Website: http://www.akanekukita.com

I was born 1987. Current, I live in Saitama city. And, Ph.D., in Intermedia Art, Tokyo University of the Arts
I work on the theme of common patterns in nature and man-made. And using ceramics and metals as materials.
Website: http://www.akanekukita.com