インスタレーション
「呼気」
Expiration


■素材 木(ベニヤ)

善福寺公園にはラクウショウが植栽されている。
ラクウショウの木は、呼吸をするために地面から呼吸根を生やす。呼吸根は普段聞こえない、木の呼吸が顕在化されたものと考えた。
公園内の樹木周辺に呼吸根を配置し、中から聞こえる音に耳を澄ませることで「木の囁き」を感じるインスタレーションを行う。

Zenpukuji Park is planted with some Taxodium distichums.
Their roots grow sticking out of the ground to breathe the air. We cannot hear the sounds of tree-breath, but we know they are surely breathing by seeing their visible breathing roots.
The objects modeled by breathing roots will be placed surrounding some trees. People can feel “Tree-whisper” through listening to the sounds coming from the inside of the objects.

■プロフィール Profile
千葉大学園芸学部 庭園デザイン学研究室所属 ランドスケープ・デザインを専門とする。
Garden-design Lab / Faculty of Horticulture / Chiba University