音読劇

『おつきさんとねこ』☆序章
『The Moon and the Cat 』』☆Prologue

原作・平きょうこ  text: Taira Kyoko
猫絵・長野亮之介 drawing: Nagano Ryonosuke


メゾンドネコのオーナーで宮城県出身の平さんが、震災のあとにさまざまな思いを込めてつづった童話『おつきさんとねこ』。
捨てられた飼い猫が月との対話を通して、森の生き物としてたくましく暮らすようになる不思議なお話です。
今回は絵本になる前の序章として、長野さんの絵とともに朗読をお届けします。


Written by Taira Kyoko, Miyagi-born owner of Maison de neko (House of Cats), “Otsukisan to Neko” is a fairytale based on the author’s thoughts following the 2011 Tōhoku earthquake .
It tells the wondrous story of an abandoned domestic cat that learns to live tenaciously as a creature of the forest through conversations with the moon.
I will give a reading of the book together with the illustrations of Nagano Ryonosuke.


◆日時 11/8日(日) 11/15(日) 11/22(日) 14:00
◆会場 善福寺公園野外ステージ

■プロフィール
2008年より西荻窪在住。からだと息で言葉を伝える朗読を身近な場所で行う。「かぽーれ・かぽーれ・よいとな」のメンバーでもある。