一双の物語
micro story: between ___ and ___

ジャンル 
インスタレーション+パフォーマンス

私は1日限りで現れる池の主の使者。舟を漕ぎながら、主からあなたへの便り(生花と詩)を手渡します。
手渡すのは、この池に関する物語の一部分です。あなたが詩の前後を想像しながら、他の詩を受け取った人々との緩やかな繋がりを感じますように。きっと池の主もそのことを喜んでくれるに違いありません。

I am the messenger of the master of the pond, who appears for only one day. Whilst rowing a boat I bring the news (wild flowers and poems) from my master to your hands. I give to you a fragment of the story of this pond. As you attempt to imagine what comes before and after the fragment which you have received, you may also feel a soft connection with the others who have been presented with different parts of this tale. A connection which the master of the pond must surely be glad of.

●profile
女性建築家2人による小さな一級建築士事務所。”Nature as decorative art”をテーマに建築のみならず、アート、インスタレーションと活動の場を広げている。中之条ビエンナーレ、かけがわ茶エンナーレ等に参加。

photo credit
(c)Fumika Morito