Remembrance Ⅱ

ジャンル/インスタレーション

素材/フェンス、土、廃棄された公園遊具
Materials: Fence, soil, disused play equipment from a park

越えたくても越えられない、向こう側が感じられるのに向こう側へ行けない。
フェンスという「壁」で過去の記憶からくる憧憬を囲い入れることがこの作品のコンセプト。
外の人を入れたくないのか、中の人を出したくないのか。
要するに、中にあるものを守りたいのである

One cannot pass over even if one desires to, and the other side cannot be reached even if one can sense it.
The concept of this work is to enclose the sense of longing resulting from a past memory with a “wall”. Do I want to shut people out, or do I want to prevent those inside from leaving? In short, I want to protect the story contained within.

●profile
1993年  福岡県生まれ
2017年  武蔵野美術大学建築学科 卒業
2017年‐ 武蔵野美術大学 建築学研究室スタッフ

993  Born in Fukuoka, Japan
2017  Graduated from Musashino Art University
2017-  Work as a Laboratory staff at Musashino Art University