Memory


ジャンル/インスタレーション
素材/油絵具、キャンバス、鉄パイプ
Materials: Oil paint, canvas, iron pipe

夕暮れの善福寺公園は物悲しくも美しい。私の記憶では、秋の暮れる頃の日曜日にこの公園を訪れた。一日の終わりを感じるとともに、東京にいるはずなのにどこか遠いところにいるような感情を抱いた。この場所が私をそのような世界に導いてくれた。
この公園はある種の舞台。様々な記憶が混ざり合い、消えていく。

It was around the end of fall when I first came to Zenpukuji Park, and the day had turned to dusk. I felt like I was far away somewhere and not here. This park took me to such a world. I think this place is like a stage. It is where memories merge together and disappear.

武蔵野美術大学油絵学科油絵専攻4年
Musashino Art University. Department of Painting, 4th grade