木漏れ日の数を数える
Counting the sunbeams filtering through the foliage


ジャンル/インスタレーション
素材/鉄、ステンレス、ターポリンシート、紙のうちいずれか(現在調整中)

木漏れ日を撮影し、そこに数字をかきこんでいく「木漏れ日の数を数える」という、03 年から断続的に制作していた作品を、今回は写真表現ではなくインスタレーションで行う。個人的なイメージの差があまりない記数法を使い、うつろいゆく現象にしるしをつけていくことで「そこにはない」光を想像する。

In this exhibition, the photographic work Counting the sunbeams filtering through the foliage, a series continued intermittently since 2003 in which sunbeams shining through the branches of a tree are recorded using photographs and numbers, will be presented as an installation. The work is an attempt to imagine the absence of light as a means of attaching signs to a transitory phenomenon, using a method of notation not so different from personal images.

●profile
兵庫県生まれ。東京藝術大学大学院先端芸術表現専攻を修了。
姫路市立美術館、遊工房アートスペースなどで作品を発表。他者へインタビューをおこない、他者の記憶と想像を具現化する。“個人的な”共有の経路において表出する差や普遍的なものに注目し作品を制作している。