Celebration

ジャンル/インスタレーション
素材/台風で倒れた木々の根、善福寺公園の木々の枝、木、ホップサック生地、ガーランド、ソーラーライト、樹脂粘土、ガラス食器
Materials: Roots of trees that collapsed during typhoons, branches from trees in Zenpukuji Park, wood, hopsack cloth, garland, solar light, resin clay, glass tableware

制作 : 宮嵜 浩、桃井第四小学校4年生(トロールの食べ物)
協力 : BOMBRAI EAST:浦元広美、木村奈緒、佐久間洸

「トロール」は、北欧の伝承に登場する妖精で、それらの伝承は、生活の中で起こる様々な現象を、「眼に見えないものを思い描く」ことで理解していこうとする詩的な感覚から生まれてきたのではないだろうか。本作品では、参加者不在の「祭典会場」を作り、ここに存在するかもしれない「もの」達を想像してみたい。

Trolls are fairies that appear in Northern European folklore, and their tradition derives from a poetic sensitivity born out of a wish to understand various phenomena that occur in daily life by envisioning things invisible to the eye. In this work, I will create a festival venue where the participants are absent in an attempt to imagine “things” that may exist there.

●プロフィール
立命館大学土木工学科卒業後 大阪府公立小学校教員
東京 美学校入学 アート活動開始
現在、仁川学院小学校教員(兵庫県)、
アートを始めとして、教育、学問、旅行、アウトドアスポーツ等を通して、世界をとことん味わえる活動をできたらと思います。